記事一覧

人は時空を超えた想いとご縁で結ばれている~未来人が教えてくれた酵素玄米~

DSC_0071.jpg                          (写真は、酵素玄米で元気に育った飛竜のゆめか)

今日は、昨日に引き続き、酵素玄米にまつわる、皆さんが知らないストーリーをお伝えしていきます。
皆さんは、「酵素玄米」のはじまりについて、どれだけのストーリーをご存知でしょうか?

今でこそ、TVを通して芸能人(吉瀬美智子さん、真鍋かをりさん、中谷美紀さん、木村拓哉さん、石原さとみさん、絢香さん、志村けんさん、ローラさん、堀北真希さんなど)が宣伝したことや、ちらほらと酵素玄米に関する書籍が出版されるようになってきたために、話題が広まりつつある「酵素玄米」ですが、実は酵素玄米が出来上がるまでにはとても奥深いストーリーがあるんです!

HIRYU Co., Ltdでは、いつも不思議なご縁が巡り巡って、わたしたちの志が守られているように感じる奇跡がたくさん起こります。
いきなりでびっくりするかもしれませんが、酵素玄米は、未来人に教わって出来た食べ物なんです!

長岡式酵素玄米御飯を源流とした炊飯器で世界初の超高圧・酵素玄米専用炊飯器SC06JP(酵素玄米Pro2)を16年間に及ぶ研究のもとに開発されたふじ酵素玄米キッチンさんとHIRYUには不思議なご縁があります。

酵素玄米Pro2のご注文はこちら
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」

お得で便利な酵素玄米炊飯セット(Pro2+飛竜のこしひかり玄米+小豆+塩+冊子「お米の教え」)付きもあります!
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」

今日のブログはとても長くなりますが、HIRYUとふじ酵素玄米キッチン会長との出会いに始まり、世界初の酵素玄米専用炊飯器である酵素玄米Pro2が開発されたストーリーについて、お話しします。
内容が盛りだくさんで非常に濃いので、お時間のある時に、少しずつお楽しみくださいね。

<もくじ>――――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 午年(2014年)の始まりに起きた奇跡の出会い
2. 酵素玄米御飯誕生までの歴史
3. 長岡式酵素玄米御飯は+21の満点波動食!?
4. 長岡式酵素玄米を源流として開発された世界初の酵素玄米専用炊飯器Pro2
5. 酵素玄米Pro2の特徴
あとがき...想いは時空を超えて出会いを引き寄せる
HIRYUからのお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. 午年(2014年)の始まりに起きた奇跡の出会い
(過去に書いたhiryu's blogより引用)
↓↓↓↓↓↓↓↓
【午年の始まりに】

2014年営業初日の社長年頭挨拶にて、社長の見た不思議な夢についてのお話がありました。

『今日、夢を見ました。その話をします。
その前に、私たちの普段経験している世界について説明をしてから・・・

三大欲求である睡眠欲は、
寝ている間に物質である肉体を休ませ、実はその間に魂は次元の違う世界に帰っています。
物質世界ではないので、脳ではその間のことを認識できないまま眠りから目覚めます。
もう少し分かりやすく説明します。
人間の脳で認識できる可視光線範囲は、赤色である405THz(テラヘルツ)~紫色である790THzです。
405THz未満の赤外線、791THz以上の紫外線は、人間の目や脳では認識できません。
光が少ないと暗くなりますが、これは暗くなったのではなく正しくは黒く変色するのです。
ちなみに、ヘビやコウモリには赤外線が、昆虫には紫外線が認識できるそうです。
視覚だけではなく聴覚もそうです。
人間の耳は20Hz~20kHzが可聴範囲です。
「秋の夜長の虫の声」は、実際には3倍~5倍もの虫が鳴いているのです。
触覚もそうです。
自分の持つ周波数と触る対象物の周波数の抵抗を脳が判断するのですが質量の大小に関わらず、波動が低いと感じられなくなります。
嗅覚や味覚もそうです。
鼻や口から入った原因物質を脳が有益か有害か認識しているのですが、感じるには限界があります。
人間の脳には認識できる範囲があり、かなり狭い世界しか認識できないでいるのです。
また、生物によっても認識の範囲は異なります。
食欲は、物質の分解と合成を食物連鎖により、命を繋ぐ自然サイクルであり・・・(省略)
性欲は、物質が途絶えないようにする為の細胞分裂であり・・・(省略)
これらを永久に循環させることで有限性を無限性にしていきます。

このことをふまえて聞いてください。
今日見た夢では、自分が寝ている間に魂が正しい場所に帰っていました。
視覚も聴覚も何もかも飛び越えた、次元の違う世界です。
そこには肉体もなくて、ただ魂なのか心なのか・・・、そういった感覚だけがありました。
そして目覚めたときに、この次元で実践して生きていくのだと感じたのです。

『和食がユネスコ無形文化遺産登録され、私達の料理や研究が注目されるようになりました。
私達は、自らの「原子転換栄養学」論に基づき料理をしています。
物質は92ある自然元素の組み合わせで構成され、命の循環によって永久に変化します。
「医療医学の前に食療食学あり」
千葉県を代表する模範として、常に次元の高い考えをもって精進していくべし!』

挨拶が終わり解散すると同時に郵便が届き、社長が受け取りました。
社長が郵便物を直接受け取ることはまずありません。
社長がその場で開封すると、一枚の馬の書が現われ、手紙が同封されていました。
『明けましておめでとうございます。
今年も良い年でありますようお祈りしております。
今年の干支「うま」年でございますが、この「うま」年をどのように理解して生活するかが大きな問題です。
普通の馬としてとらえるか、あるいはそうでなく、もっともっと大きな意味の「馬」としてとらえるかによって、生き方が変わります。
「天馬」という言葉がありますが、このようにとらえてこの一年間を生きるならば、いきいきと充実した生き方になるでしょう。
「天馬」は文字通り天を自由自在に駆け巡り、天なる光の世界に行って夢と希望を抱えて帰ってくる、このようにイメージしたならば、とても楽しい一年になると思います。
人生にはいろんなことがありますが、それに執らわれることなく、光の世から持ち帰ったものを今現在の生活の中で生かして行くのです。
今年の「うま」年は、人生で最高のものだと心の中に刻み込んで、自分ことだけを考えるのではなく、周囲の人々の幸福を願い、明るく楽しくここちよい生活にして頂けたらこんな嬉しいことはありません。
私の竹筆が書いた干支の「馬」は下手ですけれども、心を込めて書かせて頂きました。
この一年のあなた様の幸福を心よりお祈りさせて頂きます。
共に光をイメージし、光の中に入って、さらには光となったこの「うま」年を最高の年にして参りましょう。
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。
2014年 元旦
助安由吉』

社長の夢の話と助安様の光の話の共通性に社員全員鳥肌が立ちました。
この助安由吉様は私達もまだお逢いしたことはありません。
全自動酵素玄米炊飯器を世界で初めて販売した会社「ふじ酵素玄米キッチン」の会長さんです。
飛竜の社長は、30歳の誕生日の時に癌になりました。
治療は、摘出手術はしたものの、抗癌剤治療は拒否しました。
その時に食事療法で完治させたのが酵素玄米でした。
東日本大震災以降は、
「これからは経済だけにとらわれてはいけない。
国民全員で地球環境と健康問題にも取り組まなければならない。
まず自分達が直ぐに出来ることで即効果があり、対策できるのが食である。
医療医学の前に食療食学あり。」
2014年1月、自らの論「原子転換栄養学」を基本とした料理の研究と提供が始まりました。

2013年6月の或る日、突然社長から「長野711」をメモして取っておくように言われました。
これがなんなのかその時は分かりませんでした。
社長自身も、ふと思いついた言葉だったそうです。

7月7日に酵素玄米炊飯器を開発した黒柳さんとふじ酵素玄米キッチンの吉田社長がお見えになりました。
黒柳さんは来て早々、飛竜にあるフリーエネルギーであるマグネットモーターを見て、
「酵素玄米炊飯器の開発に成功したら、フリーエネルギーを開発しろと言われ、五年前に見た図面のものがここにどうしてある?」と驚愕しました。
そのまま話は日をまたぐまで続きました。
帰りを見送ることになり、みんなで手を振っていたその時に私は悲鳴をあげてしまいました。
黒柳さんと吉田社長が乗った車のバックナンバーに「長野・711」と書いてあったのです。
運命でしょうか?社員全員鳥肌が立ちました。

そして、年明けの助安会長の絵です。
以前、飛竜店頭の米販売処と海鮮販売処の間の厨房の入口に、何も掲示物がなく、そこだけぽっかりとあいていた時に、
専務が「ここどうしましょうか?」社長「そのうち何か納まるだろう」と話していた場所。
大きさもぴったりで、自然とその場所に飾られることになりました。

そして、飛竜と親しくさせて頂いている広島県尾道市瀬戸田町のcitrus farmsたてみち屋園主である菅秀和さんが2014年10月29日に飛竜に初来店し、表から歩いてきて店内に入り、この助安さんの書を目にしたときに、すごく大きなものを感じてくださり、語り始めました。

出雲の主神である大国主命(オオクニヌシノミコト)が国造りの際に導いた神として有名な少彦名命(スクナビコナノミコト)。
この少彦名命は、杖を持ち、ガガイモの実の舟に乗った小さな神で、知恵の神、国造りの協力の神、医薬の神、酒造の神と言われています。
生物が創造された海。その海から現れた少彦名命。

「馬」という字ではあるが、ぱっと見て水の中から渦が溢れ出ているような書。筆の流れが水の流れのようでもある。
更に、4つの渦を発生させている縁や発想などの「流れ」を産み出す知恵の杖を持っている・・・。

海をイメージさせる書であるし、飛竜は「竜」である・・・

「海の馬」と書いて「タツノオトシゴ」である。

タツノオトシゴは、縁起の良い、海の竜であると言われています。
やはり、神様についている海の精霊として、書を書いた方がおろしたのだなとおっしゃっていました。

そして、この書が厨房の入り口の上にあるということは、この神様が存在することで、神聖な場所として厨房が様々な方に美味しく健康な「食」というものを作る場所になってほしいという意味も含めて、ここに納まったのでしょう。
ここは鳥居そのもの。
飛竜さんに来るべくして来た書。
書ではあるが、生きています。
また、この書に「目」を入れたことで、もともと形のない神様に形が宿り、この書の中に存在したのだ、ということでした。

これからまた、今まで続けてきた流れだとかご縁というものを大切に続けていきなさい。水のように、流れに沿ったご縁が自然と来ますよ、という意味も込められているのでしょうね。
というお言葉で締められました。

社長の頭に浮かんだ「長野・711」から始まり、不思議な夢の話、同じ日に届いた助安会長の書、そして菅さんの感じた神のような力と意味。
すべてがつながりました。

様々な方の思いがこもったこの書をご覧ください。

seiryu.jpg

―――引用終了



2. 酵素玄米御飯誕生までの歴史
江戸時代以前は玄米菜食でした。
江戸時代に入り上流階級では白米を食べるようになり、徳川家光など多くの将軍などが脚気が原因で若くして亡くなりました。
明治時代になると、玄米より速く炊けて、薪も少なく済み、味もいいことから副食も減り、経済的で美味しい白米の習慣が庶民にも広がります。
しかし、明治天皇も含め日本国民人口4700万人に対して、脚気死亡者数が毎年3万人を超え、結核と並ぶ二大国民病となります。

1904年~1905年(明治37年~38年)日露戦争では、兵数100万人のうち、戦死4万6千人、戦傷15万人、脚気患者25万人、そのうち脚気による死者が2万7千人にのぼりました。
日本だけでなく、小麦を精白したパンを食べ始めていた外国でも壊血病や脚気が世界中に広がります。

1907年(明治40年)内務省の意向により、軍と財界により、日本の名軍医である石塚左玄を会長に迎え、玄米菜食を基本に国民の健康改善を目的とした「大日本食養会」を設立。
栄養学がまだないこの時代に石塚左玄は、
●「陽性のナトリウム、陰性のカリウムのバランスが崩れると病気になる」
●「ナトリウムの多いものは塩の他には魚、カリウムの多いものは野菜と果物」
●「カリウムの少ない白米を主食に、ナトリウムの多い副食では、陰陽のバランスは崩れ病気になる」
●「一つの食品を丸ごと食べることで陰陽のバランスが保たれる」
●「白い米は粕である」と、玄米菜食をすすめます。

1908年(明治41年)陸軍省に、脚気の原因解明を目的とした「臨時脚気病調査会」を設置。

1910年(明治43年)6月14日理化学研究所設立者の鈴木梅太郎(1874~1943)が、ニワトリとハトに白米を与え続けると脚気になり、やがて死んでしまう事から、白米は色々な成分が欠乏していること、そして糠(ヌカ)には動物の生命維持に必要不可欠な未知の栄養素があることが分かり、世界で初めてその栄養成分抽出に成功し「オリザニン」と命名。これが世界最初の「ビタミン」の発見です。

1925年(大正14年)臨時脚気病調査会は、脚気はビタミン欠乏症と確定。

1942年(昭和17年)国民の基本食を玄米に復帰させることが議題となり、時の首相であった東條英機も玄米食であったこともあり、世論は玄米に傾きます。
しかし、軍の栄養学者である川島四郎らは、「玄米の消化が白米に劣ること」「炊飯に要する燃料や調理時間が増加すること」を指摘して玄米食に強く反対。
しかし、伝染病研究所から「玄米食によって小食になり、下痢も減り、仕事効率が上がり、医療費が1/17に減り、経済的である」と反論し栄養学者を説得。

1942年(昭和17年)厚生省の意向により「大日本食養会」と「家庭国民食中央会」が統合され、社団法人「国民食協会」設立。

1943年(昭和18年)「国民食協会」がバターや砂糖を使った西洋食を推奨し始めたことにより、玄米を健康によい完全食として推奨する運動が起こり、「大日本玄米連盟」なる団体が誕生し、1万人以上の人が加盟。

1945年(昭和20年)第二次世界大戦後にGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によって「国民食協会」一部要職の公職追放が行われる。

1946年(昭和21年)国民食協会発行の『国民食』は『食生活』へ誌名を変更し、栄養士・管理栄養士・調理師・食品流通関係者・農林水産業従事者、食に関わる全ての読者に向け、これまでの玄米菜食から西洋食を推進。今現在まで月間7万部を発行。
この年GHQによる国語改革により、「氣」→「気」に改められ1949年に採用される。

1946年(昭和21年)終戦後の日本の衛生悪化防止やノミ・シラミ・蚊の防除を理由に、アメリカ軍による農薬散布開始。

1954年(昭和29年)日本本来の玄米菜食主義継承の為、東京大学名誉教授二木謙三博士(文化勲章受章者)を初代会長に日本綜合医学会設立。
※二木謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 - 1966年(昭和41年)4月27日)
細菌学者・医学博士・歴史学者・医師・駒込病院長・東大教授・日本女子大学教授・國學院大學名誉教授・日本医科大学教授・東京歯科医専教授・日本伝染病学会長(現・日本感染症学会)・日本綜合医学会会長・日本学士院賞受賞・文化勲章授与。
天然免疫学理の証明の実績、玄米食の提唱、実践運動や教育者として世界に多大な功績を残した人物。
1日1食(油なし、砂糖なし、火食なし、動物不要)の玄米菜食による完全食を実践。
晩年まで病気することなく元気に活動し、亡くなる前には全国の弟子たちを電報で呼び集め、全員が揃ったところで「それじゃあ、君たち、最後の息をするから、さようなら」と言って世を去ったといいます。1966年(昭和41年)93歳没。

1955年 (昭和30年)頃 断食道場、食事療法、そして玄米食療法を研究していた医師の長岡勝弥が、玄米を消化の優れたものにするにはどうしたら良いか、宗教家高橋信次の助言・指導を受けながら8年の歳月をかけて酵素玄米御飯を開発。
玄米と小豆から体内に必要な酵素を作り出し、更に免疫機能を高めたり、抗酸化作用を発揮する有機ゲルマニュウムの発生も発見。
酵素と有機ゲルマニュウムの働きは、大腸での働きは活発にし、便秘・血液の病などには抜群の力を発揮します。
「長岡式酵素玄米は、遠い未来の人が作り方を教えてくれた」
酵素玄米御飯が完成した日に試食することなくこの世を去った高橋信次の遺言通り、私達の食生活が酵素玄米御飯に変わりはじめています。
「研ぐ」「炊く」長岡式酵素玄米御飯は人の「意識の持ち方」で炊きあがりが大きく影響します。
炊きあがってから一日一回天地返しをして空気を入れてあげます。
酵素と有機ゲルマニュウムの働きにより、日に日に栄養価が高まり、4日目に完全食となり一番美味しくなります。
完全食とは、必須栄養素がバランス良く含まれていることをいいます。
血液中の糖分が減少しにくいので、空腹になりづらく、一日に二回の食事で十分になり、メタボリック予防やダイエット効果があります。
白米御飯のように沢山の副食も不要になるので経済的です。
酵素玄米御飯と生野菜や味噌汁、それに良質のお水だけを4カ月間続けると健康が改善されることを実感できます。



3. 長岡式酵素玄米御飯は+21の満点波動食!?
IHM総合研究所の故・江本勝氏が、栄養価が高まる4日目の長岡式酵素玄米御飯と白米御飯の波動を測定したことがあります。
●共鳴磁場分析器(MRA)での検証
MRA(共鳴磁場分析器)は、-21~+21までの42段階で表示され、+21が最も高く、良い波動を意味します。
現代食は、マイナス波動が多いのですが白米御飯は+10ありました。
長岡式酵素玄米御飯は、+21の満点波動でした。
その波動の性質は「山羊の乳」と同じ波動であることが分かりました。
世界一の長寿国ジョージアは山羊の乳でつくったヨーグルトをたくさん食べている国です。
2300年前に牧童が、隣村まで行くのに牛の腸で造った袋に山羊の乳を入れたところ、行った先で乳が固まっていたのがジョージアヨーグルトの始まりで、種菌から増やし、各家庭に伝わり、世界一の長寿国となりました。
近年の調査よると山羊の乳から作られたヨーグルトには、それまで発見されていなかった28種類の酵母菌が含まれていることがわかりました。
日本で流通されている市販のヨーグルトや乳酸菌飲料の殆どが一つの酵母菌から作られていることを考えるとジョージアのヨーグルトが素晴らしいことが理解できます。
健康の秘訣である28種の酵母菌である山羊の乳を醗酵させたヨーグルトと酵母や乳酸菌、光合成細菌などが多く含まれる玄米を醗酵させた酵素玄米御飯の共通性がここにあります。
そして日本人は、動物性の乳酸菌は体質に合わないことからアレルギーの方が多くいますが、玄米は植物性の乳酸菌なので酵素玄米御飯は日本人の体質に合った素晴らしい醗酵食品といえます。

●長岡式酵素玄米の炊飯にアルミを使っている事についての検証
アルミがアルツハイマーに関係することが懸念されている中、長岡式酵素玄米では内鍋にアルミが使用されていることについての検証結果ですが、炊き上がりの酵素玄米御飯からアルミの波動(成分)は検出されませんでした。
玄米・小豆・塩を高温・高圧・熟成・醗酵させることで物質変化がおこり、アルミの成分(波動)も中和しているとのことでした。
飛竜料理長もアルミアレルギーですが、長年アルミ製の平和鍋での酵素玄米御飯を毎日食べていますが反応はでていません。
ヒトの元素構成比のうち60%が水素、25.5%が酸素です。
超微量元素であるアルミは成人で0.0001%(60mg)、フッ素0.004%(2.6g)、チタン0.00003%(20mg)です。
現代の生活の中でアルミやフッ素が多く使われるようになり、知らないところでこれら微量元素の摂取量が増え、体内で消費や物質変化させられなければ蓄積量が増え、限界を超えれば拒絶反応がでます。
アルミやフッ素が懸念されはじめたことで最近はインプラントや調理器具でチタンが使われることが多くなりました。
しかし既にチタンによるアレルギーの人も増えています。
どんな物質にしてもそのままを過剰摂取はよくありません。
酵素玄米御飯の場合は、高温・高圧・熟成・醗酵により物質を調和・統合させ、無害化させています。

●EAV (電気経絡検査)での検証
これまでの鍼灸学では、手に6本、足に6本の経絡があるとされてきました。
親指に肺経、人差指に大腸経、中指に心包、薬指には三焦、小指に心経と小腸経の二つの経絡。
足の親指に脾臓と膵臓と肝臓、人差指に胃経、中指に皮膚、薬指に胆系、小指に腎経と膀胱経があり、
足の中指には経絡がないとされてきましたが、ドイツの医師ドクター・フォルがそれ以外の経路を発見。
彼は中医学を学び、電気を使った鍼治療から経穴の電気伝導性から健康の理想的数値があり、その数値が臨床症状と一致することを発見すると通電性の検査に鍼を刺入しなくても皮膚表面の通電性から計測できる「プローべ」と呼ばれる金属棒を使い経穴の電流値を計ることで、弱っている経絡や臓器を特定できるEAVを開発。
EAV機器はドイツを中心に2万台以上普及し続け、ロシアではすでに 5千人以上の医師がEAVのトレーニングを受けており、既に日本でも普及し始め、今や世界各国の整体、鍼灸、病院、そして歯科の世界にまで拡がる注目されている治療です。
EAVの健康理想数値50(95KΩ )に近づけるようにホメオパシー(毒をうすめて薬のようにして使う自然医学)、薬草、エッセンシャルオイルなどを回路内の一部に挿入することで、健康改善に適切なものを選定し、効果的なセラピーを特定します。
リンパ (免疫) と脳の経絡が自己治癒力では改善できない人の数値が長岡式酵素玄米御飯により以下のように各器官や組織の通電性が改善されました。

酵素玄米御飯波動測定

酵素玄米御飯は、長岡式酵素健康の会 新井郭之(ひろし)代表が仰っているように、四日目になると美味しくなるだけではなく、数値でも明らかに変化が確認できました。

●長岡式酵素玄米御飯をしっかり学ぶ
酵素玄米御飯を開発した長岡勝弥先生は、長岡式酵素健康の会を創設。
現在は新井郭之代表にその意志を受け継がれています。
自己紹介によると、
浴びるように酒を飲み・煙突のようにタバコを吸った生活のせいか・・・氏も咽頭部にガンが発症し…、この療法で健康を回復し、以来この健康法の普及活動を全国・世界に31年間(無給で)しているそうだ。
先生は昔普通に炊いた玄米を6年間食べていらしたそうだが、すっかり胃下垂になってしまわれたそうだ。
それを酵素玄米に変えたら大変な好転反応があったそうだけれど、顔中あったシミも消え、喉頭ガンも息子さんは、心臓の疾患を食事だけで治ってしまったそうで、以来、全国北海道から沖縄まで、一巡4カ月かけて講習会を続ける生活をされているそうです。

心臓肥大も治ってしまったとか。



4. 長岡式酵素玄米を源流として開発された世界初の酵素玄米専用炊飯器Pro2
開発ストーリー
~ふじ酵素玄米キッチンの想い~
ふじ酵素玄米キッチンは、約20年にわたって「酵素玄米」を提供してきました。医師でもあった長岡勝弥先生と後継者の新井先生から直接伝授された長岡式玄米御飯を源流に、品質と安全に徹底的にこだわったうえで、さらに目指したのが「もっとおいしい玄米御飯」です。「どんなに身体に良いものでも、美味しくなければ続かない。本当に良いものだから、ながく続けていただきたい。」というのが、その理由でした。そのため、大容量の酵素玄米炊飯専用圧力鍋での独自の炊飯方法を開発し、多くの愛用者から好評を得てきました。
ところが近年の生活環境の変化とともに、どうしてももっと手軽に酵素玄米を過程で炊くことが出来たら、という声を聞くことが増えていきました。
そこで、愛用者の声を受けて、酵素玄米御飯を毎日食べ続けていただくために「おいしい」のはもちろん「手軽に」炊けるようにする方法を…。そこで、白米と同じように“スイッチぽん”で玄米が炊ける炊飯器の開発に着手したのが、2010年の春。酵素玄米Pro一号機が翌2011年3月に完成するものの、わずか数か月後にメーカー事情でやむなく製造終了。
その悔しさをバネに一念発起して、新たな開発に挑戦。
そうして、大手炊飯器メーカの受け入れもあり、酵素玄米用に特化した独自の炊飯器を一から開発できることになりました。
そして、「もっとおいしく、もっと使いやすく」と追及していく過程で生まれた様々な発想の組み合わせが思わぬ効果を上げて、従来の玄米炊飯の欠点を次々と奇跡的にクリアし、2012年9月に、世界初!独自の酵素玄米専用の炊飯プログラムと保温機能、 発芽機能を搭載した画期的な酵素玄米炊飯器「酵素玄米Pro2」が完成しました。

このように、
「長岡式酵素玄米は、遠い未来の人が作り方を教えてくれた」と言って、
酵素玄米御飯が完成した日に試食することなくこの世を去った宗教家高橋信次の助言・指導を受けて酵素玄米をつくった長岡勝弥先生、
そして、その後長岡先生の意志を引き継いだ長岡式酵素健康の会の新井郭之代表の想いが繋がって完成した世界初の酵素玄米専用炊飯器は、日本人の主食である「米」の栄養素とエネルギーを丸ごといただき、生命力あふれる心と身体になってほしいという未来人からの願いが込められています

blog用酵素玄米Pro2


5. 酵素玄米Pro2の特徴
ここが違う!酵素玄米Pro2のこだわり
●超高圧《1.8 気圧》炊飯
高圧力で玄米をふっくら柔らかく炊き上げます。
圧力炊飯器を長年作り続けてきたLIHOM 社の技術を駆使した、高品質の安全設計。
●酵素玄米(発芽玄米)炊飯
長年の研究から生みだした、専用圧力鍋での炊飯技術を搭載。
今までにないふっくら・もちもちした炊き上がりを実現。
●自動洗浄
お手入れが必要な蒸気排出口を、約20分で自動で洗浄します。高温蒸気でいつも清潔。
●クリーンカバー
取り外し可能なクリーンカバー付き。手軽に外して洗えるので、いつもスッキリ!お手入れがカンタンです。
●選べる保温温度
69℃~77℃まで設定が可能です。
白米、玄米など、炊飯後にそれぞれに応じた保温温度で、よりおいしく保温。
酵素玄米ごはんの保温・熟成にも最適です。
●玄米炊飯の予約
白米はもちろん、酵素玄米や発芽玄米炊飯の予約ができます。
(予約可能時間)

白米:1~13時間後

酵素玄米ごはん:5~9時間後

発芽玄米ごはん:5~9時間後
●音声ガイド
音声で操作の手順を案内します。はじめての人にもわかりやすく、らくらく炊飯。
うっかりミスの防止にもなるので安心です。

酵素玄米Pro2のご注文はこちら
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」

お得で便利な酵素玄米炊飯セット(Pro2+飛竜のこしひかり玄米+小豆+塩+冊子「お米の教え」)付きもあります!
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」

hiryu_proset03.jpg


本ブログ関連商品

ヘイワ圧力鍋(酵素玄米炊飯用)
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」

10348635_825128337546857_2056720783148862266_o.jpg

citrus farmsたてみち屋園主 菅さんの島レモン
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」
1 kg、訳あり1 kg、訳あり5 kgの販売もございます。

citrus farmsたてみち屋園主 菅さんの不知火(しらぬい)
「割主烹従 飛竜 楽天ショップ」
「割主烹従 飛竜 Yahoo!ショップ」
「割主烹従 飛竜 Amazonショップ」
「割主烹従 飛竜 オンラインショップ」
1 kg、5 kgでの販売もございます。


あとがき...想いは時空を超えて出会いを引き寄せる
皆さんは、色々と話題になった新海誠監督の「君の名は」という映画を観られましたか?
HIRYUメンバーたちは、お正月に子どもたちを連れて皆で観てきました。
そうしたら、びっくり!何と昨年クリスマスの日に社長が書かれた詩の内容と酷似していたのです。
まるで、社長の詩を映像で観たような気分でした。
そう、愛の想いは時空を超えて届き、結ばれる、ということ。

未来の日本人と宗教家高橋信次さんの結び、
その後の高橋信次さんと長岡先生の結び、
長岡先生と助安さんの結び、
そして、
HIRYUとふじ酵素玄米キッチンとの出会いも、酵素玄米御飯が地球環境をと健康を守ることにつながる想いが共鳴しあったからこそ、ご縁が結ばれたのだと思います。

そして、なんと今日は、CUCKOO New圧力名人を開発された株式会社日本美健の竹田次良 会長が急にHIRYUに来られて新たなご縁が結ばれました。
ご縁の結びが拡がりをもつようになってきて嬉しく思います。
酵素玄米が地球を救うというビジョンが、未来人が教えてくれたことが実現しつつあるのかもしれないと思うとワクワクします。
この新たなご縁が結ばれたことを機に、さらなる愛の意識が伝播して、また新たな結びがつくられていく、そんな気がしてなりません。


<あわせてお読みください!酵素玄米に関する記事はこちら>
薬膳 酵素玄米御飯パワー!【命を繋ぐ完全食】
病気にならない社会創りに向けて、酵素玄米を巡る新たなる幕開けの到来!


<HIRYUからのお知らせ>
2月26日開催決定!~地球環境と健康を考える~第5回HIRYU PARTY SEMINARへのご参加申し込みはこちらから↓
「割主烹従hiryu飛竜ECショップ」
「割主烹従hiryu飛竜楽天ショップ」
「割主烹従hiryu飛竜Yahoo!ショップ」
また、第5回からは、直接のご相談がある方や社長をはじめパーソナリティーメンバーともっと話がしたい!というご要望にお応えするため、初のアフターセミナーを21時から受け付けます。
アフターセミナーへのご参加申し込みはこちらから↓
「割主烹従hiryu飛竜ECショップ」
「割主烹従hiryu飛竜楽天ショップ」
「割主烹従hiryu飛竜Yahoo!ショップ」
満員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

hiryu's blog のバックナンバーはこちら→hiryu's blog記事一覧
Facebook→割主烹従hiryu飛竜 Facebook
ホームページ→地球環境と健康を考える organic super vegan HIRYU CO., Ltd


スポンサーサイト

コメント

縁起

真田兼光(さなだけんこう)と申します。今回はじめて購入させて頂きます。
[受注番号]312090-20170215-0103709255
[日時]2017-02-15 11:15:34

あまりにも必然性が高すぎると感じコメントさせて頂きます。私はこれまでどなたのブログにもコメントしたことがございませんが思わず反応してしまった次第です。

今回注文させて頂いたのはバナナや野菜ジュース用の野菜と動物性不使用のマヨネーズです。配送日を3月5日の午後に設定したのはその日がタイから帰国する日で、帰ってから食べるための食材をお願いしたのです。
タイに行く目的は『天の扉開き』というタイの僧侶によってタイの洞窟で、2月26日〜28日の日程で行われるわれるプジャに参加するためです。
『天の扉開き』はビッグバンの極小規模な再現儀式で洞窟内で宇宙や神々との扉を開けてそちらの存在とコンタクトすることで物質化現象を伴います。(プジャの紹介が目的ではないのと説明が長くなるため詳細は省きます。)

今回はそのプジャから帰って食べるための食材注文でした。いまだかつてこのような注文の仕方をしたことは一度もなく、なんとなく「しなければ!」という思いに駆られ「バナナ」を検索してたどり着き「有機なので良さそう。」という理由だけで注文させて頂いたのです。
飛竜さんにバナナを注文した時にはヴィーガン、ベジタリアンに対応したお店だとは知らずに注文しました。実は私たちは連れ合い共にラクト・ベジタリアンです。
そして注文確認メールが届き、サイトを見たところ、「肉を止め」、「魚を止め」今に至るということを知り、また、記載内容が緻密で大変良く、人間の生き方と神仏との関係にあって、大切で重要な勉強や研究もされているようにお見受けし、日本では探してもなかなか見つからない魂を持つ方々と何らかの導きによって巡り遇わせて頂いたような気がいたします。そのようなお店を探していたのです。
また、竹内文書など、私たちの感性にも非常に馴染みマッチします。また、機会を見てお店の方にも伺いたく存じます。今後またサイトを通じて長いおつきあいをお願いしたいと存じます。
とりとめもないコメントで失礼いたしました。いつの日かお目にかかれるときが来るのを楽しみにしております。

Re: 縁起

真田兼光様、コメント頂き、ありがとうございます。
和多志たちOrganic super vegan restaurant HIRYUは、地球環境と健康を考える料理人です。
動物性食品(肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜・ゼラチン)・小麦・化学調味料を一切使用していません。
また電子レンジやIHコンロも使用せず、手作り無添加料理にこだわってご提供しています。
食材はすべて無農薬・無肥料あるいは無化学肥料に拘り、調味料までも拘った完全オーガニックです。
米は、自家採種・固定種の酵素玄米御飯、蕎麦は自家採種・固定種の十割蕎麦、海苔は酸処理されていないものを使用しています。
ご縁を有難う御座います。
ご来店お待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フリーエリア

thank you!Access!!